【最新版】メンタリストdaigoのモーニングルーティンを5つ紹介

【最新版】メンタリストdaigo|至高のモーニングルーティン

こんにちは!ゴトペイです。

この記事では、メンタリストDaiGoさんが行っている最新版のモーニングルーティンを紹介します。

1日の集中力や活力を上げるモーニングルーティンで、誰でも明日から実践できるものもありますよ!

目次

DaiGoモーニングルーティン ①サプリメントを摂取する

DaiGoモーニングルーティン ①サプリメントを摂取する

DaiGoさんのモーニングルーティン1つ目は「サプリメントを摂取する」です。

主に4つのサプリを摂っているみたいですね。

  1. カフェイン
  2. テアニン
  3. チロシン
  4. ロディオラ

ロディオラは、特に最近DaiGoさんがひんぱんに動画で紹介しています。

日々の幸せを感じやすくなったり、ダルさを感じにくくなる人がいるようですね。

私もロディオラを飲み始めましたが、余計なことをあまり考えなくなり集中力が上がった気がします。

サプリを飲んだ後に、水を十分に飲むとのこと。

水は、おそらく動画にいつも出てくるのむシリカを飲んでいるのでしょう。

≫ メンタリストDaiGo|集中力が23%アップする飲み物は?!

DaiGoモーニングルーティン ②ノルウェー式HIITをする

DaiGoさんのモーニングルーティン2つ目は「ノルウェー式のHIITをする」です。

細胞が若返り、エネルギー生産効率が良くなる最強のトレーニングだそうですよ。

DaiGoさんが行なっているノルウェー式HIITアレンジバージョンをカンタンに説明します。

  1. 5分間ウォームアップ
  2. 4分間全力で運動する(最大酸素摂取量の85〜95%の強度)
  3. 3分間軽い運動をする(ウォーキングやジョギングなど)
  4. 2と3を合計4セット行う
  5. 5分間クールダウン

運動はランニングやサイクリング、ジャンピングスクワットなどでも大丈夫だそうです。

DaiGoさんおすすめのノルウェー式HIITのアレンジバージョンでは、4分間全力で「バーピー(腕立て+ジャンプ)」を行うとのこと。

さらに4セットでなく、7セットもやっているのだとか。

バーピーでHIITをすることで筋トレ要素を高められるみたいですよ。

それにしても、DaiGoさんは朝からめちゃくちゃハードな運動をするんですね。

運動習慣がない人がいきなり真似すると危ないので、1分〜・1セット〜など、ハードルを低く始めて、慣れてきたら徐々に負荷を強めていきましょう。

全力で運動する際に滑るといけないので、DaiGoさんが使っているヨガマットなどを敷きましょう。

バーピーをする人は、手の滑り止めとして、DaiGoさんが愛用しているようなサイクルグローブを付けた方がいいですね。

DaiGoモーニングルーティン ③冷水を浴びる

DaiGoさんのモーニングルーティン3つ目は「冷水を浴びる」です。

ハートフォードシャー大学の研究では、朝冷水シャワーを30〜90秒浴びることで代謝が4.5倍にもなるという結果がでているそうです。

1ヶ月間、毎朝冷水シャワーを続けて、浴びるのをやめてから3ヶ月たった後でも効果があったそうで、病欠する確率が-29%になったとのこと。

要するに、朝冷水シャワーを浴びると免疫力が上がるらしいということですね。

チェコでも朝の冷水シャワーの研究が行われたそうで、週3回でも効果があったようです。

DaiGoさんは朝運動した後に、冷水シャワーを浴びるそう。(水風呂にも入る)

別の研究では、14°の冷水に浸かることで代謝が350%(つまり4.5倍)アップすることが分かっているとのこと。

アムステルダム大学での研究では、冷水プラス運動をすることで病欠が-54%になったそうですよ。

これらの研究結果から、朝に冷水シャワーと運動をすることは、体調が良くなりモチベも上がり、生産性も高まる最高のモーニングルーティンだと言えます。

特に、「午前中から昼にかけての集中力が段違いに良くなる」とDaiGoさんは言っていました。

朝起きていきなり水風呂に浸かるのはキツいので、まずは30秒でいいので冷水シャワーから始めましょう

朝冷水を浴びるのが習慣になってきたら、その次に、冷水前に運動を行うようにするといいですね。

DaiGoモーニングルーティン ④瞑想をする

DaiGoさんのモーニングルーティン4つ目は「瞑想をする」です。

DaiGoさんは朝のトレーニングが終わって、冷水を浴びた後にヨガマットの上で瞑想するそうですね。

過去のYouTubeでは『CAPTAIN STAG キャンプマット』を2枚に切って、瞑想用の坐布として使っていると言っていましたよ。

キャプテンスタッグ EVA フォームマット

時間は、20〜30分くらいやるとのこと。

なかなか20分以上瞑想する時間がない人は、短い時間でも瞑想をした方がいいでしょう。

瞑想を行うと注意がそれたことに対して気づく能力が高まるので、結果集中力が上がり、仕事のパフォーマンスが向上するみたいですね。

詳しく瞑想について知りたい人は、DaiGoさんおすすめの本を読んでみるといいかもですね。

著:ジョン・カバットジン, 著:Jon Kabat‐Zinn, 原著:Kabat‐Zinn,Jon, 翻訳:春木 豊

DaiGoモーニングルーティン ⑤午前中に明るい光を浴びる

DaiGoさんのモーニングルーティン5つ目は「午前中に明るい光を浴びる」です。

ノースウエスタン医学研究所では、午前中に明るい光を20分〜30分から行っている人はBMI(肥満度)が低いことが分かったとのこと。

モチベーションが高まり、夜もよく眠れるようにもなるそうです。

8時〜12時の間により多くの明るい光を浴びると、BMIに影響を与えられるそう。

DaiGoさんは朝勉強するときに机のサイドにあるセラピーライトで強い光を当てているそうですね。

日光浴をする時間がない人や日焼けが心配な人は、DaiGoさんおすすめのセラピーライトを利用するのがいいでしょう。

5,000円代で買えるセラピーライト

DaiGoさんの愛用のフィリップス スマートスリープ ウェイクアップ ライト

光で「自然に起きる」目覚まし時計としても使えます。

明るさMAXの高照度照明 Brightlight ME+ ソーラートーン製

日光浴をする人は、必ず日焼け止めを塗りましょう。

DaiGoさんが使っているスティックタイプのBadger(バジャー)日焼け止めが使いやすそうですね。

午前に20〜30分でいいので、明るい光を浴びましょう!

まとめ

この記事では、メンタリストDaiGoさんが行っている最新版のモーニングルーティンを紹介しました。

  1. サプリメントを摂取する
  2. ノルウェー式HIITをする
  3. 冷水シャワーを30秒浴びる
  4. 瞑想をする
  5. 午前中に20〜30分明るい光を浴びる

明日から誰でもできるモーニングーティンもあるので、まずは、朝に冷水と明るい光を浴びることから習慣にしましょう!

私も実践し始めていいますが、このモーニングルーティンを行うと集中力が上がって作業が捗る気がしていますよ。

DaiGoさんが買ってよかったもの第1位に選んだ『クラプロックス ブラックisホワイト 電動歯ブラシ 』を使って、朝からスッキリするのもいいですね。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次