メンタリストDaiGo愛用のランニングシューズを紹介【On クラウドサーファー】

当記事にはプロモーションが含まれています。
メンタリストDaiGo愛用のランニングシューズを紹介【On クラウドサーファー】

ゴトペイです。

メンタリストDaiGoさんが「6月に買って感動したTOP5 第1位」として紹介していた靴があります。

『On クラウドサーファー』というランニングシューズで、スイスの会社Onが2023年3月23日に発売した商品なんですね。

DaiGoさんはNIKEや値段が高い靴などと共にこの靴を買ったそうですが、クラウドサーファーが気に入りすぎてこればかり履いているのだそう。

この記事では、DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』の使って感じたメリット・デメリットや口コミ・評判をお伝えします。

私も実際にウォーキング・ジョギング用に購入して毎日履いています。

クッション性がとても高いため疲れにくく、足がスムーズに前に出るので歩く(走る)のが楽しくなる靴でしたよ!

目次

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーの特徴

特徴はOn独自のCloudTec Phase™テクノロジーを用いて作られたミッドソール

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』の最大の特徴は、On独自のCloudTec Phase™テクノロジーを用いて作られたミッドソールにあります。

On クラウドサーファーのミッドソールは、コンピューターの解析により徹底的にシュミレーションした膨大なデータを元に、スムーズな重心移動が最適化されているんですね。

CloudTec Phase™の特徴は、コンピューター生成されたCloudパーツが、着地する足の動きに沿ってドミノ倒しのように順繰りと圧縮されていくこと。これらが元に戻る力により、極上のクッショニングと波に乗るようなスムーズな重心移動がもたらされます。

引用元:On 公式

他社にはない精密解析によって生まれた新時代のランニングシューズだと言えますね。

クラウドサーファーは6代目まで出ていましたが、今作は完全に一新されたので7代目とはならず、メジャーアップデート版「クラウドサーファー」として売り出されている自信作です。

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーのメリット

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーのメリット

DaiGoさんが愛用する『On クラウドサーファー』のメリットをお伝えします。

  • 足がなめらかに前に出るため速く歩ける
  • 10mmドロップとクッション性が高く足に優しい
  • 245gと軽いから疲れづらい
  • 私服に合わせられるくらいデザインがカッコいい
  • 耐久性が高い

では、メリットを1つずつ見てみましょう。

足がなめらかに前に出るため速く歩ける

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』は、足がなめらかに前に出るため速く歩けます。

ミッドソールのドミノ倒しのように斜めに開いた穴が、衝撃をうまく吸収して反発力を生んでいるんですね。

後ろから前に、まるで波に乗っているかのような推進力を促しています。

私は初めて履いた日に、普通に歩いてるのにどんどん早歩きになったのが印象的でした。

気がついたらいつも汗をかかない道でもけっこう汗をかいていたので、履くだけで運動強度と消費カロリーが上がりそうだと感じましたね。

走るときはなおさら、足がなめらかに前に出る感じを体感できますよ。

10mmドロップとクッション性が高く足に優しい

On クラウドサーファーのメリット 10mmのドロップでクッション性が高く足に優しい

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』は、体重をかけたときの沈み込みが最大10mmと深いです。

ミッドソールのある空洞により、高いクッション性が発揮されているんですね。

「雲の上の走り」との呼び声が高いのもうなずけます。

昔、New Balanceが「”雲の上を歩いている”かのような〜」と言われていて、私も当時履いていました。

比較すると、On クラウドサーファーの方がより雲の上を歩いている気がします。

かと言って、浮遊感が強すぎてフラフラするわけではないです。

クラウドサーファーのクッション性の高さは、足に優しくて気に入っていますよ。

実際に足への負担が減ったと感じている人も多いようです。

245gと軽いから疲れづらい

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』は、245gとけっこう軽いです。

ソールには、On独自で開発した軽量発砲素材の「HERION(ヘリオン)」が使われているんですね。

重厚感のある見た目な割に、履いてみるとフワッとしていました。

一般的な男性の履くスニーカーの重さが約350~400g前後で、一般的なランニングシューズの重さが約250〜350g前後なので、比べるとかなり軽いですよね。

機能性の面も関わっていると思いますが、一般的なスニーカーやランニングシューズと比較しても疲れづらいと感じましたよ。

私服に合わせられるくらいデザインがカッコいい

On クラウドサーファーのメリット 私服に合わせられるくらいデザインがカッコいい

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』は、私服でも合わせられるくらいデザインが洗練されていてカッコいいです。

私が選んだAll Blackなら、カジュアルな会社であればスーツやジャケット&スラックスなどと合わせて履くこともできるでしょう。

DaiGoさんは、クラウドサーファーのソールも全て真っ黒な点が気に入っているようですね。

耐久性が高い

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』は、耐久性が良いそうです。

この点については、まだ買って間もないので私は分かりませんが、DaiGoさんは「毎日履いても全然ボロボロにならない」と言っていました。

カラー的には、All Blackであれば汚れやシミなど目立ちにくいので長く使えると思います。

2024年4月現在、私はOn クラウドサーファーを9ヶ月以上履いていますが、全くボロくならずピンピンしていますよ。

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーのデメリット

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーのデメリット

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』のデメリットは、やわらかな着地にはじめ違和感があったことです。

やわらかな着地に最初は違和感があった

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』を初めてクラウドサーファーを履いた日は、グニャンとした着地に違和感がありました。

私の場合は、3日目にはその違和感が消えましたよ。

On クラウドサーファーは最大10mmのドロップがありクッション性が高いので、その独特のやわらかな着地感は好みが分かれるでしょう。

沈み込みが深い靴が嫌いな人や硬いソールが好きな人には、正直向かない商品かもしれません。

逆に、クッション性の高い靴が好きな人は大満足できるでしょう。

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーの口コミ・評判

DaiGoさんが愛用する『On クラウドサーファー』の口コミ・評判をお伝えします。

まずは、大手ショッピングサイトでの口コミ評価を見ていきましょう。

サイト名口コミ件数評価(5点満点)
Amazon1624.3
楽天市場604.62
Yahoo!ショッピング74.86
2024年5月現在

4.4以上の高い評価を得ていることが分かりますね。

X(旧Twitter)での口コミは以下の通り。

このように、On クラウドサーファーはとても評判が良いですね。

ガチランするのにはそこまで向いていないとの口コミが一部見られましたが、ウォーキングをはじめジョギング〜中強度までのランニングであれば問題ないと思います。

DaiGo愛用の靴 On クラウドサーファーの価格・購入方法

DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』の価格・購入方法をお伝えします。

On クラウドサーファーのAmazonでの価格は、18,480円(税込)です。(2024年5月現在)

購入は公式サイトだけでなく、大手ショッピングサイトからも行えますよ。

私の場合サイズ感は、大きすぎず小さすぎなかったので、いつも選んでいるサイズで良いと思います。

まとめ

この記事では、DaiGoさんが愛用する靴『On クラウドサーファー』の使って感じたメリット・デメリットや口コミ・評判をお伝えしました。

On クラウドサーファーは、高いクッション性で足に優しくて疲れにくくて、スムーズな歩行・走行ができるハイテクシューズでしたよ。

メリットデメリット
足がなめらかに前に出るため速く歩ける
・10mmドロップとクッション性が高く足に優しい
・245gと軽いから疲れづらい
・私服に合わせられるくらいデザインがカッコいい
・耐久性が高い
・やわらかな着地感に最初は違和感があった
On クラウドサーファーのメリット・デメリット

デメリットに対してメリットがとても多いランニングシューズですね。

DaiGoさんが紹介したこともあり、サイズによって売り切れている場合があるようです。

気になる人は、売り切れる前にチェックしましょう。

また、使っているうちに感じたことがあれば追記していきますね。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
目次