メンタリストDaiGo愛用のHIITグッズまとめ【人生を変える運動をしよう】

当記事にはプロモーションが含まれています。
メンタリストDaiGo愛用のHIITグッズまとめ【人生を変える運動をしよう】

ゴトペイです。

メンタリストDaiGoさんは、朝にHIIT(高強度インターバルトレーニング)をしています。

DaiGoさんは『脳を鍛えるには運動しかない!』を読んでHIITを始めてから、人生が劇的に変わったそうですね。

HIITは、細胞が若返ってエネルギーの生産効率が良くなり、集中力・活力がブチ上がる最強のトレーニングです。

この記事では、DaiGoさんがHIITでバーピージャンプをする際に使っていると紹介したグッズをまとめてお伝えします。

脳を鍛えて人生を変える最高の習慣「HIIT」を始めたい人は必見です!

目次

DaiGo愛用 HIITグッズ Manduka ヨガマット

DaiGoさんがHIITで使うヨガマットは『マンドゥカ(Manduka) エックスマット ヨガマット』です。

HIIITは全力で運動するので、その際に滑ると危ないです。

バーピーなどでジャンプする場合、フローリングで行うと膝への衝撃も気になりますよね。

※バーピージャンプ(立った状態から腕立て伏せの姿勢になって、立ち上がる流れでジャンプをする運動)

そこで活躍するのがヨガマットです。

DaiGoさんが愛用しているマンドゥカ ヨガマットのメリットは5つあります。

  • しっかりとつかめるドライグリップで滑らない
  • 衝撃吸収力の高い豊かなクッション性
  • 筋力トレーニングやエクササイズのマットとしても使える
  • 軽量で持ち運びに便利
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 地球環境に配慮したサスティナビリティ素材TPEを使用

マンドゥカ ヨガマットは表面が立体的なテクスチャ加工が施されていて、汗をかいてもしっかりとマットをつかめるので、安心して全力でHIITが行えます。

カラー展開も豊富なので、好みな色をチョイスしましょう。

DaiGoさんは、マンドゥカの高価格帯のヨガマットもYouTubeで紹介していましたよ。

DaiGo愛用 HIITグッズ MRG プッシュアップバー

DaiGo愛用 HIITグッズ MRG プッシュアップバー

DaiGoさんがHIITで使うプッシュアップバーは『MRG プッシュアップバー』です。

DaiGoさんはプッシュアップバーを使ってHIITでバーピージャンプを行っています。

プッシュアップバーを使うことで手首の負担が減り、腕立て伏せの強度を上げられるんですね。

私はMRG プッシュアップバーを実際に使ってみて、

  • 滑らず安定する
  • 1kg弱と軽量なのに頑丈(350kgまで耐えられる)
  • 分解して持ち運ぶのに便利

などのメリットを感じましたよ。

MRG プッシュアップバーは分解できる

ジャンプした後上からの圧力に耐えられないと壊れてしまうので、耐荷重が350kgあるのは大きいですね。

プッシュアップバーを補強する2つのテープ

プッシュアップバーを補強する2つのテープ

MRG プッシュアップバーのデメリットは、グリップのスポンジ部分がもろくて裂けやすいところです。

実際にDaiGoさんは、グリップの部分にショックノンテープを巻いて、その上にテニスのグリップテープを巻いていると言っていましたよ。

私はMRGプッシュアップバーのグリップ部分が片方裂けてしまったので、ヨネックスのグリップテープで巻いて対処しました。

MRGプッシュアップバーのグリップが裂けた
MRGプッシュアップバーにヨネックスのグリップテープを巻く

DaiGo愛用 HIITグッズ Wellcls サイクリンググローブ

DaiGo愛用 HIITグッズ サイクリンググローブ

ジムで使うようなトレーニンググローブだと、HIITでバーピーをやるときに滑りやすいそう。

サイクリンググローブは滑り止めが強く、激しいバーピーを行っても滑りにくいとのこと。

DaiGoさんHIITでバーピージャンプをする際におすすめしていたのは『ウェルクルズ(Wellcls)サイクルグローブ 春夏用』です。

ウェルクルズ サイクルグローブには3つのメリットがあります。

  • 肉厚パッドで振動による負荷を軽減
  • 手の平の中央部にメッシュ素材によって通気性の良くしてグローブ内の蒸れを防ぐ
  • 中指・薬指部のフックがあることで取り外しがカンタン

機能性だけでなく、見た目もカッコいいですね。

ちなみに、DaiGoさんは『F-TUBAME サイクリンググローブ 夏 3D 立体』も紹介したことがあります。

DaiGo愛用 HIITグッズ SASAKI リストバンデージ

DaiGoさんが2023年1月の動画で紹介していたHIITグッズは『SASAKI リストバンデージ』です。

HIITでバーピーをするとき、手首の関節を痛めないように使っているそうですね。

ササキのリストバンデージは、器械体操などのプロアスリートも使うほどだとか。

手首の橈骨側から尺骨の出っ張り(茎状突起)を抑える形で巻くことで、バーピーでの手首への負担が減るとのこと。

ウェイトトレーニングでもあると便利なアイテムです。

DaiGo愛用 HIITグッズ ZAMST ひざ下サポーター

DaiGoさんが2023年1月の動画で紹介していたHIITグッズが『ZAMST ひざ下サポーター』です。

膝関節を保護する細いサポーターですね。

ZAMST ひざ下サポーターは、日本代表のプロバスケットボール選手も愛用している商品のようですね。

DaiGoさんは、このサポーターを巻いた後は、ジャンピングスクワットをいくらしても痛くならなかったそうですよ。

ウェイトトレーニングでも活躍するアイテムですね。

DaiGo愛用 HIITグッズ Schiek リフティングベルト&リストラップ

DaiGoさんが「2021年に買ってよかったもの」で紹介していたHIITグッズは『Schiek(シーク) リフティングベルト 4004』&『シーク リストラップ 24インチ』です。

DaiGoさんは、HIITでバーピージャンプをやる際に使っていると言っていました。

手首や腰を痛めないようサポートしてくれる商品です。

バーピーを激しくやる人は持っておいた方が良いとのこと。

まとめ

この記事では、DaiGoさんがHIITでバーピージャンプをする際に使っていると紹介したグッズをまとめてお伝えしました。

人生が変わる習慣HIITでバーピーをするのに役立つアイテムなので、まずは形から入ってみる価値はあるでしょう。

もちろん、全部の商品が必要なわけではありません。

まずは、最低限ヨガマットとプッシュアップバーを揃えるのがいいでしょう。

そこから、「これはあった方がいい」と思うモノを足していく感じで良いと思いますよ。

安いヨガマットを探している人は、こちらの記事でレビューしているモノが個人的におすすめです。

当ブログでは、DaiGoさんが愛用しているプロテインや筋肉痛を和らげるマッサージガンなどもレビューしています。

DaiGoさんが毎朝行うノルウェー式のHIITのやり方は、モーニングルーティンの記事で解説しています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
目次