マコなり社長「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」まとめ

マコなり社長「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」まとめ

ゴトペイです。

マコなり社長がYouTubeで「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」を紹介していました。

思考の発散と収束を何度も繰り返して厳選された”最強のリスト”だそうですね。

この記事では、マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」をカンタンにまとめています。

目次

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【食べ物・レストラン編】

マコなり社長が「死ぬまでにまずはこれ食べておこう」と激推しする食べ物やレストランを紹介します。

その1 丸亀製麺で明釜&ライス

丸亀製麺で明釜&ライス

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その1は、丸亀製麺で明釜&ライスです。

マコなり社長は行列のできるうどんの有名店も行ったそうですが、それでも丸亀製麺の「明太釜玉うどん」は最強だそう。

うどんを食べ終わった後に残る卵&明太子の汁にライスを入れて、ネギと天かすを加えて口にかき込むとヤバいみたいですよ。

丸亀製麺で明釜&ライス2

私もやってみましたがウマすぎて秒で食べ終わっちゃいましたね。

その2 マックグリドル ソーセージエッグ

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その2は、マックグリドル ソーセージエッグです。

甘さとしょっぱさが織りなすケミストリー。

それがマックグリドル ソーセージエッグだそうですね。

私もこの絶妙なウマさが好きで、マックの中で数少ない好きな商品の1つです。

朝マックで朝から贅沢に行きたい人はどうぞ。

その3 ラーメン二郎を食べる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その3は、ラーメン二郎を食べるです。

  • 圧倒的ボリューム
  • ニンニク
  • 野菜

二郎とはいったいなんなのか。

答えのない問いを店舗に行って確かめてみてください。

男性なら1度は食べておきたいラーメンですね。

私は二郎系は食べたことがありますが、3口目までは驚異的・悪魔的なウマさがありましたよ、3口目までは(笑)

その4 蒙古タンメン中本 北極

蒙古タンメン中本 北極

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その4は、蒙古タンメン中本 北極です。

辛いラーメンで有名な蒙古タンメン中本。

その中でも究極に辛いのが北極なんですね。

説明しなくてもすべてを物語る真っ赤なビジュアル。

私は店舗で食べたことがありますが、普通にすするとむせるほど激辛ですね。

そして、食べ終わる頃には体中から汗がほとばしります。

中本と同じく北極もセブンでカップラーメンが売っていて、ネットでも買えますよ。

北極のカップラーメンはかなり好評で、実店舗よりもウマいという人もいるんだとか。

辛いのが得意ではない人は北極だと大変なことになると思うので、蒙古タンメン中本からチャレンジしてみましょう。

その5 ボンディのカレー

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その5は、ボンディのカレーです。

東京の神保町にある人気のカレーだそうですね。

マコなり社長はボンディのカレーをはじめて食べたときに衝撃を受けたとのこと。

フルーティなんだけどそれだけではない、語彙力を消失させるウマさみたいです。

Webサイトから取り寄せられるようです。

その6 博多一双を食べる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その6は、博多一双を食べるです。

福岡の博多は豚骨ラーメンの激戦区です。

その中でも一気に天下を取ったのが博多一双だそう。

マコなり社長は博多一双を食べるために博多旅行を計画してと言っていました。

ちなみに、吉塚うなぎ屋もおすすめとのこと。

ちなみに、博多一双は一応ネットでも売っているようです。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【食べ物・レストラン超贅沢編】

マコなり社長が「人生で一度は行きたい」と激推しするリッチな食べ物やレストランを紹介します。

その7 ウルフギャングを食べる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その7は、ウルフギャングを食べるです。

28日間熟成してうま味がギュッと高まった牛肉を900度のオーブンで表面をカリッと香ばしく焼き上げているそう。

家で再現ができない極ウマのステーキが食べたい人は1度行ってみてもいいでしょう。

その8 カンテサンスに行く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その8は、カンテサンスに行くです。

14年連続でミシュラン三つ星を獲得しているモダンフレンチのレストランだそう。

値段は高いけど、いつかは行ってみてほしいレストランの頂とのこと。

その9 川㐂(かわき)に行く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その9は川㐂(かわき)に行くです。

人生を変えるほど美味しい食べ物TOP20」でも第1位に選ばれたお店です。

マコなり社長が人生で食べた中でNo.1に選んだのが、福井県にある茹でガニ専門店の川㐂なんですね。

最初にでてくるカニ味噌が一切くさみのないうま味の塊のようで、特に美味しいんだとか。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【医療・美容系編】

マコなり社長が「迷っている人がいれば、全力でオススメしたい」という医療・美容系に関するやるべきことをお伝えします。

その10 レーシック

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その10は、レーシックです。

マコなり社長は長らくコンタクト生活をしていたそうです。

朝晩にコンタクトの付け外しが本当に嫌なのと、目が乾くのも気になっていて、ついに3年ほど前に勇気をだしてレーシックをやったそう。

結論、レーシックをやってめちゃくちゃ良かったし、もっと早くやっておけば良かったと言っていましたよ。

リスクなどを自分で調べた上で納得した人には、心からおすすめできるとのこと。

マコなり社長は「品川近視クリニック」に行ったと過去動画で言っていました。

その11 永久脱毛

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その11は、永久脱毛です。

マコなり社長が人生で最初にやった体への大きな投資が、髭の永久脱毛だそうですね。

  • 第一印象の良くなる
  • 毎朝の髭を剃る時間がなくなる
  • 髭を剃ることでの肌荒れのリスクがなくなる

などのメリットがあります。

髭が濃くて気になっているメンズは早めに髭の永久脱毛をやっておくと良いとのこと。

髭だけでなく、ボディの脱毛も髭に比べたら痛くないそうで、半袖半ズボンも嫌じゃなくなるのでおすすめだそうですね。

マコなり社長は以前「東京イセアクリニック【医療レーザー・ゴリラ脱毛】メンズひげ脱毛で脱毛した」と言っていましたよ。

その12 歯列矯正

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その12は、歯列矯正です。

笑顔が増えるのでおすすめだそうですね。

その13 VIO脱毛

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その13は、VIO脱毛です。

マコなり社長は1年前くらいから、全身脱毛のついでにセットでVIO脱毛をしているんだとか。

想像以上に良かったとのこと。

  • トイレのときの清潔感が上がる
  • お風呂に残る毛の量が減る

などのメリットがあるそう。

優先度はヒゲ・ボディーの後ですが、やろうか迷っている人にはめっちゃおすすめしていました。

マコなり社長が髭脱毛をした「ゴリラ脱毛 」では、ボディとデリケートゾーンも施術も受けられますよ。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【旅行編】

マコなり社長が選ぶ「いつかは旅行で行ってみたいところ」を紹介します。

その14 ドーミーインに泊まる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その14は、ドーミーインに泊まるです。

1泊5500円くらいからの安めの価格帯なのに関わらず、充実したホテルの施設を使い倒せます。

コスパ最強のドーミーインは、マコなり社長の「人生で一度は泊まるべき旅館・ホテルTOP5」でも堂々の第1位に輝いていました。

ドーミーインは、全国展開しているので、まずは近くのところに予約して泊まってみましょう。

PC作業スペースもあるので、仕事利用もできますよ。

ドーミーインをネット予約できる大手予約サイトを載せておきます。

その15 アマンに泊まる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その15は、アマンに泊まるです。

アマンリゾーツは価格帯の高いホテルの中でも、洗練されたシンプルモダンな非日常が味わえる空間だそうですね。

引き算の美学が特徴で、無駄をはぎ落としてその土地の魅力を最大限引き出しているようなイメージなのだとか。

人生に1度は泊まってみたいですね。

マコなり社長は東京と京都にあるアマンのホテルに泊まったことがあるそう。

アマンは、一休.com【Yahoo!トラベル からネット予約できるようです。

その16 星のや竹富島に泊まる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その16は、星のや竹富島に泊まるです。

マコなり社長の「人生で一度は泊まるべき旅館・ホテルTOP5」にもランクインしていたところですね。

  • 青い海
  • 真っ白な砂浜
  • 伝統的な建物
  • 夕焼け

何もしない贅沢を味わえる楽園のような場所なんだとか。

星のや竹富島は、楽天トラベルからネット予約できますよ。

その17 ルーヴル美術館に行く

その17 ルーヴル美術館に行く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その17は、ルーヴル美術館に行くです。

マコなり社長が人生で行ってほしいところを1つだけ選ぶとしたら、ルーヴル美術館を選ぶとのこと。

モナリザなど誰もが知る有名な絵画が多数展示されています。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【感動体験編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【感動体験編】をお伝えします。

その18 ディズニーシーでビッグバンドビート

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その18は、ディズニーシーでビッグバンドビートです。

ビッグバンドビートとは、ディズニーシーで行われるミュージカルショーなんですね。

ディズニーの大スターミッキーが率いる生バンドは、想像を超える感動を与えてくれるみたいですよ。

その19 高級ホテルのバーに行ってみる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その19は、高級ホテルのバーに行ってみるです。

そこまでお金を使わずに非日常でリッチな体験ができるそう。

まだ1度も行ったことがない人は、高級ホテルのバーがどんなものなのか知るために行ってみてもいいかもしれませんね。

その20 ナイトクルージング

その20 ナイトクルージング

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その20は、ナイトクルージングです。

自分や大切な人の誕生日や記念日に、ナイトクルージングを手配するのはおすすめだそうですね。

船から見る夜景は格別とのこと。

無双感があって超気持ちいいみたいですね。

その21 長岡花火を見る

その21 長岡花火を見る

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その21は、長岡花火を見るです。

日本最大規模である新潟の花火大会です。

抽選を勝ち取るのが難しく、近くで宿泊を取るのも難しくて移動もめんどくさいらしいですが、それだけの価値があるそう。

計2万発の花火が夜空に打ち上がる感動を味わいたい人は行ってみましょう!

毎年8月2〜3日に開催されるそうです。

その22 真冬のテントサウナに行く

その22 真冬のテントサウナに行く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その22は、真冬のテントサウナに行くです。

テントサウナは、普通のサウナとは別次元の体験だそう。

サウナがはじめての仲間を130度のテントサウナに入れた後、13度の川に入ってもらったところ、生粋のサウナーになったのだとか。

真冬のテントサウナをして、水温7度の川に入ると異次元の「ととのい」を感じられるみたいですね。

マコなり社長はテントサウナグッズはもちろん、インフィニティチェアを5つも持っているそうですよ。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【友達とワイワイ編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【友達とワイワイ編】をお伝えします。

その23 サイゼリヤで飲む

サイゼリヤで飲む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その23は、サイゼリヤで飲むです。

最強コスパイタリアンレストランのサイゼリヤで、仲間と存分に飲む食いをしてみてほしいとのこと。

マコなり社長のサイゼランキングを以下の通り。

  1. ラムのランプステーキ
  2. 若鶏のディアボラ風
  3. フレッシュチーズとトマトのサラダ

殿堂入りはプチフォッカだそうです。

ワインを飲みつつ自分の好きな料理を堪能して、お腹いっぱいになって会計に行ったとき誰もがその安さに衝撃を受けたみたいです。

その24 竹を組んで流しそうめんをする

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その24は、竹を組んで流しそうめんをするです。

夏の風物詩ですね。

流しそうめんのセットはネットでも売っています。

家でもやろうと思えばできるので、夏を感じたい人はやってみるのもアリですね。

マコなり社長は若気の至りで、アルコール度数がエグいスピリタスというお酒を水代わりに流しそうめんをしたことがあるのがとか。

それが人生の中でワースト1位みたいなので、そういうことはしない方が吉です。

その25 ディクシット オデッセイで遊ぶ

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その25は、ディクシット オデッセイで遊ぶです。

カードゲーム・ボードゲーム好きなマコなり社長が1つ選ぶとしたら、ディクシット オデッセイを選ぶそうですね。

完全な論理のゲームではなく、想像力を使うのが面白いみたいです。

同じくらいおすすめなのがitoというカードゲームだそう。

ルールはカンタンみたいなので、興味がある人はやってみましょう!

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【ソロプレイ編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【ソロプレイ編】をお伝えします。

その26 1人映画館

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その26は、1人映画館です。

自分が好きな作品は1人で観に行くのがおすすめだそうですね。

映画の感動を独占して没入できると、楽しみ方が増えるとのこと。

その27 1人温泉旅行

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その27は、1人温泉旅行です。

1人旅行は断然に温泉が良いそうですね。

会社や家で人と関わり、一人の時間はスマホでSNSに浸る毎日。

自分と向き合う時間が全然ないのではないでしょうか。

温泉旅館に行ったらスマホボックスにスマホを預けて、ゆっくり温泉につかりましょう。

  • 景色を楽しむ
  • 風の音を聴く
  • 部屋に戻ったら小説や漫画をじっくり楽しむ

たまには、人と群れずに自分と向き合い1人の時間を堪能するのもいいですね。

その28 1人美術館

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その28は、1人美術館です。

大人にやってほしい週末の過ごし方が1人美術館だそうですね。

正解のないアートとの対話を楽しみましょう。

自分の感性を養うためにも美術館に行ってみてはいかがでしょうか。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【スポーツ・アクティビティ編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【スポーツ・アクティビティ編】をお伝えします。

その29 ゴルフのラウンドに行く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その29は、ゴルフのラウンドに行くです。

はじめてでも優しくフォローしてくれる経験者と一緒に行けばOKだそうです。

自然の中は気持ちがいいし1度ゴルフをやってみるのは良さそうですね。

その30 トライアスロンを完走する

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その30は、トライアスロンを完走するです。

トライアスロンはゴールしたときの開放感・達成感がスゴいみたいですね。

フルマラソンよりも難易度は全然低いとのこと。

マコなり社長が20代で挑戦してみて良かったスポーツNo.1がトライアスロンだそう。

自転車はレンタルでも大丈夫みたいです。

その31 きれいな海でダイビングをする

その31 きれいな海でダイビングをする

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その31は、きれいな海でダイビングをするです。

ダイビングをせずに人生を終える人はかなり多いそうなんですね。

地球は海7割で陸3割みたいなので、地球で思う存分楽しむなら海の中も楽しまないと人生7割損かもしれません。

初心者でもインストラクターがしっかりフォローしてくれるから、安心安全にダイビングをできます。

私も1度ダイビングをしたことがありますが値段以上の価値があって、想い出にもなるのでおすすめですよ。

その32 馬に乗る

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その32は、馬に乗るです。

歴史の中で長らく最高の移動手段だった馬がどんなものなのか。

まだ1度も乗馬の経験がない人は、乗ってみましょう。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【仕事・自己投資編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【仕事・自己投資編】をお伝えします。

その33 転職する

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その33は、転職するです。

マコなり社長は、すべての働く人は人生で1度は転職した方が良いのではないかと言っていました。

  • どう考えても自分に向いていない仕事をやっていると思っている人
  • 人間関係があまりにも悪い職場にいる人
  • もう学ぶことがないほどやりきった仕事で配置換えもなかなか受け入れてもらえない人

これらに1つでも当てはまる人は転職のタイミングが来ているそうですよ。

≫【体験談】テックキャンプの無料カウンセリングに行った件
≫ 両学長おすすめの転職エージェント【JAICとJAC リクルートメント】を紹介

その34 株を買う

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その34は、株を買うです。

貯金の10分の1以下を使って、安全資金の範囲で好きな会社の株を買うのがおすすめとのこと。

逆に、株で短期で一発儲けてやろうとするのは絶対ダメだと。

では、なぜ株を買ってみるのが良いかと言うと、その会社や会社のいる業界について以前よりも10倍興味を持つようになるからだそうです。

株を買った当事者として、情報を深く知ろうとするみたいなんですね。

その35 ビジネス書を100冊読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その35は、ビジネス書を100冊読むです。

本は読んだ方がいい、読まない理由がないとマコなり社長は言います。

まずは10冊からでいいので、昔から良いと言われている本を全部ポチってみるのが良いそう。

その36 プログラミングを教養として学ぶ

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その36は、プログラミングを教養として学ぶです。

マコなり社長は、すべての人は人生で1度はプログラミングを学ぶべきだと言っています。

理由は、世界を動かしているのはソフトウェアで、その基礎であるコンピューター・プログラミングを知るのは大事だからだそうですね。

つい最近、プログラミングは義務教育化されて、いよいよその重要さが注目されています。

テクノロジー業界に興味がある人は、教養としてプログラミングを学ぶのはとても有意義だと言えますね。

その37 副業をやってみる

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その37は、副業をやってみるです。

最近は副業ブームです。

消費税や物価が上がっているのに給料は上がらず、ボーナスが減っている会社も多いようですね。

副業をして月数万でも稼げるようになると、生活が変わってきます。

自分の知識や経験をいかさずにする副業はただのバイトです。

長期的にスキルアップすることで、自分の報酬が上げられる副業がおすすめだそうですよ。

その38 週1の筋トレを1年続ける

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その38は、週1の筋トレを1年続けるです。

筋トレはマコなり社長が口酸っぱく勧めているので、週1くらいはやらない理由がないでしょう。

その39 ブログや動画で自己発信する

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その39は、ブログや動画で自己発信するです。

月に1回でもいいからブログや動画で自己発信しましょう。

自分が身につけている専門スキルや知識について発信してみてはいかがでしょうか。

まずは記事を書くことから始める方が良いそうですよ。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【買い物編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【買い物編】をお伝えします。

その40 大きなテレビを買う

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その40は、大きなテレビを買うです。

  • 映画
  • ドラマ
  • アニメ

どれも大画面で観た方が絶対に良くなりますよね。

高性能で大画面なテレビが安く買えるようになってきているそう。

マコなり社長が最強と言うテレビは「ハイセンス」です。

8畳なら55インチ、10畳なら65インチがおすすめとのこと。

その41 オールバーズのスニーカーを買う

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その41は、オールバーズのスニーカーを買うです。

マコなり社長がオールバーズに恋をしてから3年が経つそう。

いまだにオールバーズを超えるスニーカーには出会ってないとのこと。

履いてないかと思うほどめちゃくちゃ軽いので、もう他のスニーカーを履けなくなるんだとか。

カンタンに洗濯機で丸洗いできるのもメリットだそうです。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【エンタメ作品編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【エンタメ作品編】をお伝えします。

その42 『ショーシャンクの空に』を観る

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その42は、『ショーシャンクの空に』を観るです。

残りの人生で映画を1つしか観れないとしたら、

残りの人生で映画を1つしか観れないとしたら、ショーシャンクを選ぶくらい最高の映画とのこと。

どんな絶望の中でも、希望があれば前を向いて歩き出せることを気づかせてくれる名作です。

その43 『HUNTER&HUNTER』を読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その43は、『HUNTER&HUNTER』を読むです。

マコなり社長のプライベートでの会話は、HUNTER&HUNTERのセリフが多いのだとか。

それくらい沼った漫画なのでしょう。

その44 『STEINS;GATE』を観る

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その44は、『STEINS;GATE』を観るです。

『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)は人類史上最高のアニメだそうです。

厨ニ病アニメTOP10」でも第1位として紹介していましたよ。

その45 『新世界より』を読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その45は、『新世界より』を読むです。

人生で1番夢中になった小説だそうですね。

極上のSFダークファンタジーが読んでみたい人は要チェックです。

その46 『自分の中に毒を持て』を読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その46は、『自分の中に毒を持て』を読むです。

マコなり社長が何度もYouTubeで絶賛している岡本太郎さんの著書ですね。

私も『自分の中に毒を持て』を読みましたが、人の行動を変えてしまうようなとてもパワーのある本でしたよ。

その47 『7つの習慣』を読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その47は、『7つの習慣』を読むです。

著:スティーブン・R・コヴィー, 翻訳:フランクリン・コヴィー・ジャパン

成功するために必要なことはすべて書いてあるという名著です。

ただ、それを習慣化してやり続けるのができないんだそうですね。

本質的な内容で、自分の人生を好転させるきっかけになる本です。

その48 『嫌われる勇気』を読む

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その48は、『嫌われる勇気』を読むです。

圧倒的人気と影響力を誇るベストセラー本です。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【幸せに生きる編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【幸せに生きる編】をお伝えします。

その49 大切な人に特大の花束を贈る

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その49は、大切な人に特大の花束を贈るです。

人は花束をもらった人のことを忘れません。

それほど感動を与えられるのでしょう。

お世話になっている人や身近な人に大きな花束を贈ってみてはいかがでしょうか。

渡すときは花瓶も忘れずに。

※マコなり社長が過去におすすめしていたフラワーボックスはこちら。

その50 大切な人に感謝の手紙を書く

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」その50は、大切な人に感謝の手紙を書くです。

LINEでいつでもメッセージが送れる時代です。

そんな時代だからこそ、ゆっくりと1文字ずつ丁寧に考えて、言葉を紡いで手紙を書くことが大切ですよね。

日頃の感謝を手紙に書いていると、自分がこんなにも恵まれているんだということに気付かされるそう。

相手に喜ばれるからだけでなく、自分のためにも感謝の手紙を書きましょう。

マコなり社長|人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと【番外編】

マコなり社長の「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」【番外編】をざっとお伝えします。

番外編まとめ

番外編の14選をまとめて紹介します。

  1. イルキャンティドレッシングを食べる
  2. ホワイトニングをする
  3. 寺で瞑想する
  4. ななやの抹茶アイスを買う
  5. 『範馬刃牙』を全巻読む
  6. クラブに行ってみる
  7. 太らない食生活を身につける
  8. GOSSOで鼻毛を抜く
  9. DNA検査をする
  10. 高級ソファーを買う
  11. 眉毛サロンに行く
  12. 『居酒屋とよ』に行く
  13. iwataniでタコパする
  14. VRでホラーゲームをやってみる

まとめ

この記事では、マコなり社長「人生で死ぬまでに絶対にやるべき50のこと」をカンタンにまとめてお伝えしました。

今すぐにでもできることがあったのではないでしょうか。

「おっ、これやってみよう!」と閃いたら、そのときがタイミングです。

やってみましょう!

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次