Kindle Paperwhiteのレビュー!マコなり社長・両学長おすすめ

マコなり社長おすすめKindle Paperwhiteを使ってみた感想

こんにちは!ゴトペイです。

マコなり社長や両学長は、すべての人にKindle Paperwhiteで読書することを強くすすめています。

「いやいや、本読むならスマホやタブレットで十分でしょう」と思う方もいるでしょう。

私もそうでした。

Amazonタイムセールがあり、第10世代のKindle Paperwhite(32GB・ブラック)が割引されていたので、あまり期待せずに買ってみたんです。

使ってみると「あぁ!これが最高の読書体験って意味か!」と感動しました。

なので今回、Kindle Paperwhiteの感想を詳しくお伝えします。

この記事では、Kindle Paperwhiteを実際使って感じたメリットやデメリットなどを知りたい方を対象にしています。

追伸:Kindle Paperwhiteは最新のモデルがでているので、この記事の広告は旧モデルから最新モデルに張り替えました。

目次

マコなり社長・両学長おすすめKindle Paperwhiteを使った感想

マコなり社長おすすめKindle Paperwhiteを使った感想


マコなり社長・両学長おすすめのKindle Paperwhiteを使ってみて、間違いなく生産性が上がると感じました。

なぜかというと、読書の時間が増えて質も上がるからです。

今までは、だいたいiPhoneでKindle本を読んでいました。

iPhoneだと画面が小さくて目が疲れやすいです。

iPadだと画面が大きすぎて持つのが大変ですよね。

また、読書に集中しようとしても、SNSやメールなど他のことに気を取られて読書が中断してしまいます。

Kindle Paperwhiteなら、読書するのにちょうどいいサイズであり、メールも電話もSNSも通知が来ないので読書のみに集中できます

この”読書のみに集中できる“というのは、想像以上に価値のあることでした。

では、次にKindle Paperwhite使ってみて感じたメリット・デメリットを詳しくお伝えしますね。

マコなり社長・両学長おすすめKindle Paperwhiteのデメリット5つ

マコなり社長・両学長おすすめのKindle Paperwhiteを使ってみて感じたデメリットは5つありました。

  • 見た目は地味
  • スマホよりタッチ操作の反応が鈍い
  • 文字の色が薄く感じる本がある
  • 白黒表示のため、不向きな本もある
  • 電源ボタンに指やモノが当たってしまうことがある

見た目は地味

私がKindle Paperwhiteのブラックを選んだのもあるかと思いますが、見た目は地味でした。

ザ・タブレットという印象ですね。

見栄えを気にする方は、他の色を選んだり、Kindle Paperwhite用のカバーを使用するのをおすすめします。

逆に、電源オフにしたときに、さまざまなキレイなデザインが表示されるのはとてもよかったです。

Kindleは電源オフ時のデザインがキレイ

スマホよりタッチ操作の反応が鈍い

iPhoneほどのサクサク感はさすがにありません。

とはいえそんなに反応が遅いわけではなく、体感としてiPhoneより0.3秒くらいのタイムラグです。

ちょっとだけもっさりといった感じですね。

Wifiの通信環境にもよると思いますが。

私が家で使う分には、問題なく動作しています。

少しのもっさり感も絶対イヤだという人には向かないですね。

文字の色が薄く感じる本がある

選ぶ本にもよりますが、たまにiPhoneと比べて文字が薄いと感じる本がありました。

『新しい文章の教室』という本がKindle Paperwhiteだと文字がちょっと薄かったですね。

他の数冊読んだ本は特に問題なかったです。

本によって、以下のようにフォントの種類・サイズ・太さを選べるものがあります。

文字の色が薄く感じる本がある

『新しい文章の教室』もフォントが変えられるようになるのを期待しています。

白黒表示のため、不向きな本もある

これは1番のデメリットかもしれませんが、Kindle Paperwhiteはカラー表示ができません。

漫画・雑誌・デザインに関する本などを読みたい方には、正直おすすめできないですね。

逆に、ビジネス書や小説など活字が読めればOKという方は全く問題ありませんよ。

電源ボタンに指やモノが当たってしまうことがある

Kindle Paperwhiteの電源ボタンは下側にあります。

デバイスを手に持たずに、机などに押し付けるようにして読むと電源が切れてしまう場合があります。

また、小指がボタンに当たる人もいるかと思いますが、慣れればしなくなります。

電源ボタンはiPhoneと違うので、最初だけ使いにくいかもしれませんね。

マコなり社長・両学長おすすめKindle Paperwhiteのメリット7つ

マコなり社長・両学長おすすめのKindle Paperwhiteを使ってみて感じたメリット7つをお伝えします。

  •  読書だけに集中できる
  • 防水機能があるため風呂でも本が読める
  • 画面が広い割にめちゃくちゃ軽い
  • フロントライトだから目に優しい
  • 寝る前も気兼ねなく本が読める
  • 本を買いまくっても場所を取らない
  • Kindle Unlimited3ヶ月無料オプション付き

読書だけに集中できる

冒頭でもお伝えしましたが、Kindle Paperwhiteを使ってみて感じた最大のメリットは、読書だけに集中できることです。

逆に、今までどれだけ質の低い読書をiPhoneでしていたのかを考えると、もっと早くKindle Paperwhiteを購入しておくべきだったと後悔しています。

SNSやメール、電話などに気を取られて読書を中断するなどの機会損失は計り知れないので。

防水機能があるため風呂でも本が読める

Kindle Paperwhiteは、水深2メートルの真水に最大60分耐えれるほどの防水機能が搭載されています。

この防水機能はめちゃくちゃ画期的ですよね。

普通に本を風呂場で読むと痛んでしまいますから。

私は実際に風呂の中にKindle Paperwhiteを沈めてみましたが、全く問題ありませんでした。

防水機能があるため風呂でも本が読める

本を買いまくっても場所を取らない

本って場所取りますよね。

買えば買っただけ家が狭くなります。

私も棚に本が収まりきらなくなってからは、なるべくKindleに変えています。

本を爆買いしたとしても、全く場所を取らないことは大きなメリットですよね。

Kindle Paperwhiteでは、8GBと32GBの2つの容量があります。

あとで容量を増やしたいと言っても増やせないので、容量が4倍多い32GBなら間違いないです。

画面が広い割にめちゃくちゃ軽い

Kindle Paperwhiteの重量は、Wi-Fi端末が182gで、Wi-Fi + 無料4Gの端末が191gです。

だいたいのiPhoneとほとんど変わらないくらいの重さです。

202gのiPhone 8 Plusより軽いんです。

はじめてKindle Paperwhiteを持ったときは「軽っ!」と思わず声が出ました。

寝ながら本を読むと手や腕が疲れますが、Kindle PaperwhiteはiPhoneとほぼ同じくらいなので、楽に寝ながら本を読めます。

フロントライトだから目に優しい

Kindle Paperwhiteは、目を直接照らさないフロントライト式です。

スマホだと、最大に暗くしてもやっぱり目が冴えてしまうような気がします。

Kindle Paperwhiteは、フロントライト式なので寝る前も気兼ねなく本が読めます。

実物の本を読んでいるくらいの目の感覚でしたよ。

ただ、初期設定ではやや明るいので、寝る前に読むときは24段階ある明るさをなるべく小さくするのがおすすめです。

寝る前も気兼ねなく本が読める

重複してしまいますが、軽くて持ちやすいのと目に優しいつくりのおかげで寝る前の読書が快適なことは素晴らしいメリットです。

特にKindle Paperwhiteは、なかなか普段忙しくて寝る前しか読書できない方には素晴らしい商品だと感じました。

マコなり社長も、寝る前のKindle Paperwhiteでの読書習慣を強くおすすめしています。

たしかに、寝る前に読書すると決めてビジネス書などを読めばいい意味で寝つきも良くなるし、知識は増えるし、いいことづくめですね。

Kindle Unlimited3ヶ月無料オプション

2022年9月現在、Kindle Paperwhiteは購入する際に、Kindle Unlimited3ヶ月無料オプションをつけることができます。

Kindle Unlimitedとは、200万冊以上の本(ビジネス書・雑誌・マンガなど)が読み放題になるAmazonのサービスです。

月額980円(税込)のサービスが3ヶ月無料なのは大きいですよね!

マコなり社長・両学長おすすめKindle Paperwhiteはどんな人に必要?

マコなり社長おすすめKindle Paperwhiteはどんな人に必要?


マコなり社長・両学長おすすめのKindle Paperwhiteを買うべきでない人は、以下のような人です。

  • あまり読書する気がない
  • スマホより動作が少しでも遅いのは無理
  • 漫画や雑誌、デザイン本をメインに読みたい
  • 本によって文字を調節するのがめんどくさい(あまりないけど)

逆に、マコなり社長・両学長おすすめKindle Paperwhiteが必要なのは以下のような人です。

  • 読書習慣をつくりたい
  • 読書の量と質を向上したい
  • 寝る前にスマホで本を読んでいる
  • 風呂場など水に触れる場所でも読書したい
  • ビジネス書や小説が読みたい
  • 仕事の生産性を高めたい
  • 睡眠の質を良くしたい

Kindle Paperwhite買うならどのスペックがいいの?

先にKindle Paperwhiteのおすすめスペックをお伝えします。

カラー →  お好きな色をどうぞ(私はブラックです)
サイズ →  32GB
広告 → なし
接続方法 →  Wifiモデル

サイズが8GBだと後から追加できないので、できれば32GBの方が良いかと。

接続方法は、Wifi +4GBでも良いですが、外出先で、Kindle本を衝動買いしないという観点からWifiモデルでいいかと思います。

マコなり社長もWifiモデルをおすすめしていました。

購入する際は、Kindle Unlimiteのオプションにチェックを入れましょう。

NEWモデルの8GBのKindle PaperwhiteのAmazonでの価格は、16,980円(税込)です。※2022年9月現在

NEWモデルの32GBのKindle Paperwhiteは、Amazonでの価格は19,980円(税込)です。※2022年9月現在

このモデルは、ワイヤレス充電に対応していて、自動で明るさを調整してくれるみたいなので、より快適に使えそうですね。

Kindle Paperwhiteは、一括払いだけでなく5ヶ月払いにも対応していますよ。

私は万が一のときの保険として画面保護用のシールと、保証プランをとして買いました。

外でKindleを使う人は、カバーケースがあった方が安心ですね。

まとめ

この記事では、マコなり社長や両学長おすすめのKindle Paperwhiteを実際に私が使ってみた感想やメリットやデメリットなどを詳しくお伝えしました。

読書にだけ集中できるKindle Paperwhiteは、生産性を高める素晴らしいアイテムでした。

ぶっちゃけ「本を読むためだけのデバイスに1万以上なんてありえない」と前は思っていました。

マコなり社長がYouTubeなどで、あまりにもおすすめしているので騙されたと思って買ってみたのが正解でしたね。

私はKindle Paperwhiteを使うことで、スマホでの質の低い読書による機会損失がなくなってほんとによかったです。

Kindle端末は4つあり、コスパが1番良いと言われているのがKindle Paperwhiteです。

お金関係なしに性能が良いモノが欲しい方には、最上位モデルのKindle Oasisの方が満足度は高いでしょう。

当ブログでは、両学長とマコなり社長おすすめのブレインスリープピロー のメリット・デメリットを解説した記事も書いています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次