【23選】リベ大両学長のおすすめ本で読んだ良かった本を紹介【読書で人生を豊かに】

当記事にはプロモーションが含まれています。
【23選】リベ大両学長おすすめ本で読んだ良かった本を紹介【読書で人生を豊かに】

ゴトペイです。

両学長は月に50冊以上もの本を読んだこともあるほどの読書家なんですね。

登録者数258万人のYouTubeチャンネル『両学長 リベラルアーツ大学』で、数多くの本を紹介してくれています。

この記事では両学長のおすすめ本の中で、私が実際に読んで良かった・役に立った本23冊をまとめて紹介します。

【お金・税金・投資編】と【人生・考え方編】に分けてお伝えしますね。

人生を豊かにする本が知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん、両学長のベストセラー『本当の自由を手に入れるお金の大学』は必読書ですよ。

Amazonの聴く読書「Audible」では、12万以上の対象作品を聴くことができます。

初回30日の無料体験がありますよ。

\ 初回30日無料!初月解約OK /

目次

両学長おすすめ本 【お金・税金・投資編】

まずは、両学長がおすすめする本【お金・税金・投資編】です

お金持ちになりたい人やマネーリテラシーを高めたい人は要チェックです。

サイコロジー・オブ・マネー

『サイコロジー・オブ・マネー 一生お金に困らない「富」のマインドセット』は、全世界累計70万部のベストセラー本です。

アメリカンドリーム的なキラキラした内容ではなく、堅実で地道に富を築くための手法が19のストーリーを通じて解説されています。

マインドセットや思考パターン、お金に対する信念や行動が資産状況に影響を与えることについて述べられているんですね。

お金に関するテクニックというよりは、1番大切なマインドセットを改めて考えさせてくれる一冊。

「足るを知る」が身に沁みることでしょう。

繰り返し読み直したい本ですね。

バビロンの大富豪

『バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか』は、資産形成における定番中の定番の本です。

古代バビロニア帝国という非常に栄えた国が物語の舞台です。

その歴史に残っている大富豪のストーリーを通じて、財産を築くための重要な原則を教えてくれている本なんですね。

「バビロンの知恵」で伝えられる数千年前の法則は、根本的なものなので、現代でも十分に通じることが理解できるでしょう。

大人だけでなく、子供でも読みやすい物語になっていますよ。

「幸せをお金で買う」5つの授業

『「幸せをお金で買う」5つの授業』は、お金の使い方と幸せについて解説した本です。

著:エリザベス・ダン, 著:マイケル・ノートン, 著:古川 奈々子

ハーバード大とブリティッシュコロンビア大の研究者が科学的根拠に基き述べられているので、説得力がありました。

幸せはお金で買うことはできないけど、お金の使い方を今までと変えてみたらどうなるのでしょうか。

たった数百円のお金の使い方を変えるだけで幸福度を変えられることが理解できるでしょう。

投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント

『投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント』は、投資において成功するための基本的な原則が解説されている本です。

小難しい知識が書いてあるわけではなく、5つのシンプルなルールによって投資を成功に導くのを手助けしてくれます。

著者はインデックス投資の重要性について解説されており、つみたてNISAやiDeCoなどをやろうと考えている人は、参考になるでしょう。

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術

『全面改訂 第3版 ほったらかし投資術』は、山崎 元さんと水瀬ケンイチによるインデックス投資をすすめる本です。

両学長がYouTubeで「ほったらかし投資術」について解説するほどリスペクトしている本でもあるんですね。

投資歴20年以上のプロたちがさまざまな投資法を試して、行き着いた末の決定版とも言えるインデックス投資について知れます。

2024年から始まる新NISAにも対応していて、インデックス投資銘柄のファイナルアンサーを解説されています。

「投資って色々めんどくさそう」と煙たがっている人や足踏みしている人こそ手にとってほしい一冊。

読み終わった後は、投資って「ほったかし」でいいんだと納得できるでしょう。

個人的にもかなりおすすめな本ですよ。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』は、お金の増やしお金を増やすために、まず何をすればいいのかが理解できる指南書です。

お金の知識が薄い著者の質問に対して、経済評論家の山崎 元​さんが論理的な根拠を持って、誰にでも分かりやすいように答えてくれていますよ。

山崎さんが「これは良い、これは悪い」とハッキリと言い切っているので、読んだ後にモヤモヤすることはないでしょう。

ジェイソン流 お金の増やし方

『ジェイソン流 お金の増やし方』は、IT企業役員でありお笑い芸人の厚切りジェイソンさんが書いた60万部越えのマネー本です。

投資によりFIRE(経済的自立と早期リタイア)を達成したジェイソンさんが堅実でシンプルな資産形成法を教えてくれています。

若くしてお金持ちになった方法をそのまま読者にわかりやすく伝えられているので、説得力がありました。

地味な倹約の重要性も理解できますよ。

両学長が1本動画で徹底解説するくらい推している本なので、気になる人は読んでみましょう。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』は、社会制度のゆがみを活用してお金持ちになる方法が解説された橘玲さんの本です。

両学長がおすすめしているマイクロ法人についても詳しく書かれていますよ。

世の中には、知らずに搾取されていることがいかに多いがが分かります。

損せず得して生きたい人は一読あれ。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』は、フリーランスの税金に関する超初心者向けの本です。

タイトルの通り、新米フリーランスの著者の疑問に対して、税理士の大河内薫さんが優しく丁寧に答えてくれています。

漫画形式でポップに書かれているので、難しい話が苦手な人でも読めますよ。

確定申告をまだしたことがない人やフリーランスを目指す人にもおすすめの書籍です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん

『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』は、言わずと知れたベストセラー本で、お金の哲学や投資の基本的な原理原則について解説されています。

著者の実体験をもとに貧乏な父と金持ちな父からの教えを比較し、お金に対する違いや価値観の違いを明らかにしつつ、

  • 資産と負債の区別
  • キャッシュフローの重要性
  • 適切な投資の選択
  • 不労所得の追求

など、お金を上手に使って増やすためのアドバイスがされていますよ。

本書を読めば、お金に対する新たな視点を得られ、自身の財務状況やお金の考え方を改善するきっかけとなるでしょう。

両学長おすすめ本 【人生・考え方編】

両学長がおすすめする本【人生・考え方編】です

より良い人生を送りたい人や日常に役立つ思考法が知りたい人は参考にしてください。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』は、客観的なデータに基づいて世の中を見られるようにするための手引書です。

世界で300万部超えの大ベストセラーなんですね。

本書では、10の思い込みに焦点を当てながら、それぞれの思い込みがどのように私たちの世界観を歪め、誤った判断を導くかを解説されています。

ファクトフルネスを読むことで、これまでの誤った思い込みを乗り越え、真実に近い視点で世界を見る習慣を身につけられるでしょう。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』はスティーブン・R・コヴィー博士の著書で、全世界4,000万部、国内240万部を超えたロングセラーです。

人格的成長を促し、7つの習慣を通じて豊かな人生へと導く内容なんですね。

小手先のテクニックではなく、根本的な土台の部分である人格を高めていこうという自己啓発の頂点に位置する本だと言えます。

第1の習慣「主体的である」と第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」の2をしっかりと意識するだけで、思考や行動などが全く変わってくるでしょう。

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』は、ギブアンドテイクの本質について書かれた名著です。

本書では、人間には3つのタイプがいると書かれています。

  1. ギバー(Giver):見返りを求めずまず先に人に与える人(25%)
  2. テイカー(Taker):自分の利益を追求することに重点を置く人(20%)
  3. マッチャー(Matcher):損得のバランスを取ろうとする人(55%)

「見返りを求めず人にギブしまくれ」と助言する成功者は多いですよね。

結論、何も考えずにだれかれ問わずギブするだけでは、テイカーから搾取される場合が多いと言われています。

誰にギブするかが特に大切なんですね。

テイカーを見抜いて、テイカーから逃げることがかなり重要なポイントです。

自己犠牲ではなく、WINWINの関係を作れるギバーこそが1番成功できるとのこと。

詳しくは本書をチェック。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略』は、急速に変化する100年時代の羅針盤となる本です。

医療の進歩や平均寿命の延長によって、人生100年時代が到来すると言われています。

長寿社会を生きる私たちは、固定化された既存の人生プランを一新する必要があるんですね。

前例があまりないからこそ、本書を読んで、あなたにとってのシン・人生戦略を熟考してみてはいかがでしょうか。

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』は、お金を貯める方法ではなく使い切る方法にフォーカスした斬新な話題作です。

人生の中で、精一杯働いて貯めたお金をたっぷり残したまま亡くなる人が多いんだそう。

結論、歳をとってからではなく、若いうちにお金を有意義な経験に使おうとの主旨が述べられています。

お金の価値は、加齢とともに減っていってしまいます。

若いときほど体力・気力があり、お金から価値を引き出す力が大きいんですね。

本書を読み、かけがえのない人生を見直して、今しかできない行動を起こしていきましょう。

論語と算盤

『論語と算盤』は古代中国の哲学書「論語」と、現代の経済やビジネスにおける智慧を結びつけた名著です。

日本実業界の父と言われた渋沢 栄一さん(2024年に新一万円札の顔になる人)の講演の口述をまとめた本なんですね。

「道徳と経営は合一すべき」との主張を理解することで、資本主義社会を生きる上での一つの指標が得られるでしょう。

非常識な成功法則【新装版】

『非常識な成功法則【新装版】お金と自由をもたらす8つの習慣』は、日本屈指のマーケター神田昌典が書かれたベストセラー本の新装版です。

現在の実業界で活躍している先輩方が読み潰したと言われる自己啓発本ですね。

内容は「目標を紙に書いて、それを朝晩毎日眺める」など、誰もが1度は聞いたことがあるような成功習慣が書かれています。

でも、その誰もが知っているようなことを実践し続けた人はどれだけいるの?と著者は問います。

実践し続けた人はほぼいなくて、やっていた人は案外成功していると。

かなり砕けたフランクな物言いで語りかけてくるのが地味にクセになりましたね。

この辺りも、有能なマーケターである所以が垣間見られます。

精神科医が見つけた3つの幸福

『精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法』は、ベストセラー精神科医の樺沢紫苑が書かれた幸福の実用書です。

本書では幸福を大きく3つに分け、脳内物質に関連付けて科学的に解説しています。

  • セロトニン(心と体が健康になるとさわやかさを感じる物質)
  • オキシトシン(人間関係の幸せを感じる物質)
  • ドーパミン(仕事や遊びでやる気がでているときに分泌される物質)

成功と幸せを追い求めて、私たちは仕事の成功や社会的地位や名声を獲得することに執着しがちですよね。

しかし、ドーパミン的幸福を第一優先にして他を犠牲にしていると、土台のない家のように安定した幸福は感じられないんですね。

まずは、セロトニン・オキシトシン的幸福を基礎として高めていく大切さに気付かされます。

それぞれの脳内物質を高めるのは、意識すればカンタンにできることが多いので、ぜひ一度手にとって読んでみてください。

幸福の「資本」論 あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

『幸福の「資本」論 あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』は、戦略的に幸福になる方法が示された橘玲さんの著書です。

著者は、幸福であることの3つの条件と、幸福を支えるインフラにあたる「3つの資本」を提唱されているんですね。

  • 自由(金融資産=財産)
  • 自己実現(人的資本=金を稼ぐ能力)
  • 共同体=絆(社会資本=家族や友達などのネットワーク)

プア充やリア充などの8つの人生パターンを用いて、幸福の資本論をロジカルにぶっちゃけています。

ややドライな見方だなぁとは思うものの、実際に現代社会のリアルを忠実に言語化したらこんな風になるんだということが理解できますよ。

幸福のインフラである資本を2つ以上持っていると、かなり人生が安定すると述べられています。

現在の自分の立ち位置を把握し、今後どの資本を優先的に高めていくか、幸せの人生設計を考えさせてくれる一冊。

言ってはいけない 残酷すぎる真実

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』は、橘玲さんの大ヒット作の一つです。

耳を塞ぎたくなるような世の中の残酷な真実をこれでもかと突きつけられる一冊なんですね。

本書では遺伝や知能、容姿など、タブーとされている領域についてロジカルかつドライに論じています。

普段会話では言えないけど、本当は知りたいと思っているような内容が知れますよ。

年収90万円で東京ハッピーライフ

『年収90万円で東京ハッピーライフ』は、東京で年収90万円で楽しくスローライフを送っていた大原扁理さんが書かれた本です。

「こんな生き方があるんだ!」とアハ体験を感じられる本でした。

本書では、最低限のお金だけで楽しく暮らす考え方や方法が述べられています。

この生活を目指すわけでなくても、いざとなったらこんな生活スタイルでも生きていけると思えると、ある種の心の支えになりますよ。

「今よりもっと稼いでいこう!」というよくありがちな発信者とは真逆の思想に触れることも、息抜きとしては大事だと思います。

また、「実感を大切にする」や「嫌いなことで死なない」など共感・納得できる部分も多くありました。

年収90万円で東京ハッピーライフを読むことで、あなたの価値観を広げてくれるでしょう。

あした死ぬかもよ?

『あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー』は、自分の生き方を問い直す名言セラピーです。

本書では「明日死ぬかもしれない」と死と向き合うことで、今この瞬間を大切にし、本当にやりたいことに集中できると気付かされます。

両学長も人生を充実させるために、死から逆算して考えることが多いそうですね。

質問形式で読みやすい一冊です。

脳を鍛えるには運動しかない!

『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』は、運動が超大事なことが分かる本です。

脳を鍛えるには脳トレとか思考術が大切かと思いきや、運動が最も良いことが研究結果で出ているそう。

「なぜ運動が脳を鍛えるのに良いのか」が研究データを元に理解できて、「どんな運動が良いのか」も知れますよ。

メンタリストDaiGoさんもこの本を読んで、読んだ内容を実践して人生が変わったそうですね。

まとめ

この記事では、両学長おすすめの本の中で、私が読んで良かった・役に立った本を23冊にまとめて紹介しました。

良い本との出会いは素晴らしい機会ですよね。

1,000円〜2,000円くらいで、賢人の整理されたアドバイスを事細かに読めてしまうのが読書の醍醐味です。

気になる本があれば読んで、日常に役立ててみてください。

初回30日無料!初月解約OK

両学長おすすめの電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』をレビューした記事はこちら。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
目次