【OPPO】中田敦彦がiPhoneからAndroidスマホに乗り換えた理由を解説

【OPPO】中田敦彦がiPhoneからAndroidスマホに乗り換えた理由を解説

こんにちは!ゴトペイです。

中田敦彦さんは、2022年1月のYouTube動画「iPhoneからAndroidスマホに乗り換えました!」で、Androidに乗り換えたことを報告していました。

この記事では、中田さんがなぜAndroidに乗り換えたのかを解説し、中田さんが現在愛用しているOPPO(オッポ)のReno5 Aの価格をお伝えします。

目次

中田敦彦がiPhoneからAndroidスマホに乗り換えた3つの理由

2022年1月に中田敦彦さんはiPhone13から、Androidスマホに乗り換えました

それまで11年間は、最新のiPhoneに毎回買い替えて使っていたそうです。

中田さんがAndroidスマホに乗り換えた理由は、現在のAppleがつくるiPhoneに不満があったからです。

中田さんは、iPhoneへの不満を3つあげていました。

  1. iPhone13には指紋認証(Touch ID)がない
  2. USB-C端子がない(ライトニング端子である)
  3. 大きなイノベーションが起きてないのに値段が高いまま

元々、中田さんはiPhoneの合理的で美しいところが好きだったそうですが、上の3点を改善しないので、もうかつてのような良さがなくなったと感じているそうです。

※iPhone13は最新のiOSアップデートで、マスク付きの顔認証には対応しているみたいですね。

そこまでのイノベーションがないのに関わらず、買いやすい値段になっていくわけではないAppleのiPhone。

昨今の円安の影響で2022年7月1日からさらに値上げされていました。

それに比べて、Androidのスマホは性能が良くなってきていて、かつ良心的な価格で提供されています。

追伸:2022年9月2日の動画「【iPhone14発売】AndroidからAppleに乗り換えを検討中」で、中田さんはiPhoneがライトニング端子からUSB-C端子に変わったら1度iPhone乗り換えると言っていました。

しかし、9月15日の動画「【Good-bye iPhone14】Apple今までありがとう…」で、ライトニング端子が変わらないからiPhoneとグッバイするとのこと。

Androidスマホに乗り換える懸念点

現在Apple製品(AirPods・MacBook・iPadなど)に囲まれているから、スマホだけAndroidにするのを躊躇して、結局乗り換えない人が多いそうです。

確かに、私自身Androidスマホに乗り換えたとしたら、Apple製品との連携に不安があります。

結論、Android(OPPO Reno5 A)に乗り換えて不満はないとのこと。

中田さん自身iPadProやiPadProやApple Pencilなど、Apple製品を絶賛し、今も愛用している人が言うと説得力がありますね。

中田敦彦おすすめのAndroidスマホ『OPPO Reno5 A』の価格

中田さんが現在愛用しているAndroidスマホ『OPPO Reno5 A』のAmazonでの価格は、31,717円(税込)です。(2022年9月現在)

iPhone13の価格が117,800円(税込)〜なので、比較するとOPPO Reno5 Aはミドルレンジのスマホだと言えますね。

中田敦彦さんは「スマホはもう安いんだという頭に切り替えないといけない」と言っています。

OPPO Reno5 Aは、Amazonや楽天市場などの大手ショッピングサイトでも購入できます。

  1. 楽天モバイル
  2. OCN モバイル ONE 【NTTコミュニケーションズ】|ドコモのエコノミーMVNO
  3. Y!mobile正規取扱店【Yステーション】

など、格安SIMと共に購入すると、OPPO Reno5 A本体をさらに安く買えるみたいですよ。

まとめ

この記事では、中田敦彦さんがiPhoneからAndroidに乗り換えた理由を解説しました。

中田さんが現在愛用している『OPPO Reno5 A』の価格もお伝えしましたね。

2022年9月現在では、最新機種の『OPPO Reno7 A』も販売しているようですね。

OPPOなどのAndroidスマホはコスパが良さそうなので、iPhoneからAndroidに機種変する人は、これから増えていくでしょう。

とはいえ、中田さんはAppleの製品の良いと思っているモノは今でも使っているみたいですよ。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次