両学長が「FP」の知識を大切という理由とおすすめの本を紹介!

両学長が「FP」の知識が大切と言う理由とおすすめの本を紹介!

こんにちは!ゴトペイです。

経済的自由について、お金に関する知識を中心に分かりやすく教えてくれるYouTubeで人気の両学長。

FP(ファイナンシャルプランナー)3級の知識は、義務教育に組み入れてほしいと欲しいレベルだと両学長は言っています。

「なんでそんなにFPの知識が大切なの?」
「FPを勉強するならどうしたらいい?」

このようなお悩みを解決する記事になっています。

目次

両学長が「FP」の知識を大切と言う理由

両学長が「FP」の知識が大切と言う理由


両学長が「FP」の知識を大切と言う理由は、お金の教養を全体的に学ぶことができるからです。

FPの試験範囲は以下の6つがあります。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

これら、生きていく上で大事な場面のときに必要になってくる知識ですよね。

どうやってお金や資産を増やしていき、守っていくのかを学べます。

こういった情報は知ってるか、知らないかだけで差がついてしまいます。

知らないと損するし、知っているだけで得するということです。(なんか胡散臭い)

「お金持ちになりたい」という多くの人に生じる願望に対して、地に足をつけて一歩一歩前に歩かせてくれるような学問なのかなぁと思います。

FPは金融系に近い職種の人だけでなく、全社会人(あるいは学生)が学ぶべきですね。

ちなみに、2022年は簿記3級をみんなにとって欲しいと両学長は言っていましたよ。

両学長おすすめのFPの本

両学長のおすすめのFP本のは『みんなが欲しかった! シリーズ』です。

みんなが欲しかった! シリーズ』はハイクオリティで、独学で試験に合格することも可能だそうですよ。

まずは、FP3級の教科書と問題集を買って勉強するのが良いでしょう。

FP1級はマニアックすぎるらしいので、勉強意欲の高い人は、FP2級まで学ばれると人生に潤いをもたらしてくれるかもしれません。

両学長おすすめのFP資格の難易度

両学長おすすめのFP資格の難易度は、そこまで高くありません。

FP3級は、50〜100時間の勉強が必要で、合格率が80%弱。

FP2級は、約200時間の勉強が必要で、合格率が50%弱です。

きちんと、勉強すれば合格できる資格だと言えます。

まとめ

この記事では両学長がFPの知識を大切と言う理由と、おすすめの本を紹介しました。

FPは人生を上手に設計していく上で大切な学問です。

FPの資格を取らなくても、知識だけはつけておきたいですね。

そう考えるとFP3の教科書だけでも読んでおいた方がいいかもしれません。

両学長は、義務教育にFP3級ともう一つ「簿記3級」を入れて欲しいと言っています。

簿記はFPと違い覚えればいいわけでなくて、簿記独特の考え方・やり方があるので、スクールでプロに教わった方が良いそうですよ。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次